So-net無料ブログ作成
検索選択
映画やドラマのこと ブログトップ

「朝日のあたる家」 [映画やドラマのこと]



台湾の旅行記はちょっとお休みして、土曜日に観た映画のお話を。



「朝日のあたる家」は私の住んでいる磐田からそう遠くない湖西市が舞台。

ロケも湖西周辺で行われたので、公開前からとても気になっていました。

全国で一番早い公開が幸いにも隣の県にある豊川コロナワールドに決まり、

初日に行ってきましたー。(というより連れて行ってもらったんですが^_^;)

013.JPG
映画終了後に太田監督の舞台挨拶がありました。湖西市の三上市長もご一緒です。



館内は広すぎないスペース。

まだ新しい真っ赤なシートがほとんど満席で始まりました。



見慣れた風景と、ごく普通にありそうな家族。日々の生活。

平田一家や幼なじみが住む家も、この地域によくある典型的な間取りです。

お母さんがお雛様飾るシーンもはずせない日常のひとこま。

ご近所のおばさんも いるいる こういうひと てなかんじ。

プロの俳優さんはもちろん、地元エキストラのかたたちもいい味出してるし。

 

こんなふつうの暮らしが、ある日突然、自分たちのせいじゃなくて壊され

元気ハツラツだったこどもたちのからだまで蝕まれていく。

何で?私が何か悪いことした?



この映画には大津波もめちゃくちゃに倒壊した家屋も出てこない。

地震後も相変わらず穏やかで美しい景色と平田家のふつうのくらし。

明るさ全開の舞ちゃん。

それが目には見えない放射性物質のおそろしさや

原発の事故によってもたらされる様々な理不尽さを

かえって際立たせています。



ある日突然避難せよと言われて、いつ終わるともわからない避難所ぐらし

そして仮設住宅への引越し。

家族でまた元の家に戻れるようにと、

お父さんが毎日せっせと家の外回りを水で洗うのですが

洗っても洗っても線量はかわらず。



泥汚れは洗えば綺麗になるけれど

放射性物質はなくすことができない。

除染作業は無くすのではなく、別の場所へ移動させるだけ。

もとの家に戻れることはない。



「朝日のあたる家」は、こんな現実をホームドラマのようにして

わたしたちにわかりやすく伝えてくれています。



原発をテーマにした映画ですが

居眠りするほどたいくつなシーンはひとつもなく

反原発なんてうっとおしいぜ と思ってるひとも

大きめのハンカチを持ってぜひお出かけください。

上映映画館は公式HPをごらんくださいませー。


006.JPG
パンフレットはあかね役の平沢いずみさんのサイン入りでした^_^



余談ですが、

豊川から磐田まで帰る途中で車窓から見える景色は、ロケ地となった地域で

いろいろなシーンを思い出しながら、余韻に浸ることができました;_;






nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「相馬看花」 試写会 [映画やドラマのこと]

003.JPG



福島第二原発から20キロ圏内にある南相馬市の江井(えねい)地区の人たちは

昨年の四月三日に放射能汚染のため強制的に避難させられました。

津波だけならいずれはもとの場所に帰れたのに、

汚染された土地は今もそのままです。





激しい怒りも恨みも悲しみも表には出さず、

時にユーモラスにときにほほえましくもあるひとびと

カメラは優しく淡々と撮っています。





ニュースで見た押し寄せる巨大津波や建屋の爆発などの映像も真実であり、

この、ずっとずっと続いて行く日常もまた真実です。





監督がこの映画をとるきっかけとなり、

また出演もしていらっしゃる田中議員に福島で会い

直接お話をうかがってきた方々が

磐田市内での上映会を準備しています。



決まり次第、またお知らせしていきたいと思います。

タイトルにも入っている「 」。

映像の中でも印象的でした。



「相馬看花」HPはこちらです。










nice!(9)  コメント(11) 
共通テーマ:映画

台湾映画「モンガに散る」 [映画やドラマのこと]

モンガに散る.jpg

 

 

艋舺(モンガ)というのは台北に古くからある歓楽街の名前で

台湾語で「小船」を意味する言葉だそうですが、

日本統治時代に「萬華」という字があてられ今に至っています。

最寄の駅は地下鉄の龍山寺です。

 

アクション映画も台湾も大好きなので、とっても見たかった作品♪

公開時に見逃してしまってDVDでしたが、もう期待以上でしたよー。

 

前半はとにかく明るくて元気いっぱい。実にテンポがよく、ときにコミカルな展開。

特にモンガ全体を巻き込むけんかのシーンは音楽もよくて秀逸です。

なぜかたけしさんの映画「座頭市」のタップダンスを思い出します。

めちゃくちゃなぐりあってるのに踊ってるみたいなのです。

 

義兄弟を誓い合い、けんかにあけくれていた仲良し高校生も

やがてほんものの極道の世界へと足を踏み入れて

おとなたちの抗争や、時代の波にいやおうなく飲み込まれてしまいます。

 

スピード感のあるアクションシーンや義理人情の世界はヤクザ映画好きにはたまらないのですが

この映画にはそれだけではない魅力が満載です。

子どもたちのみならず、かかわってくる大人たちも含めて

それぞれの葛藤や繊細な心の動きがとてもよく描かれていますし、

戒厳令の解除以後、大陸からどっと入ってきた中国人との関係も重要な要素となっています。

日本に対する思いもちょっとだけ出てきます。

出番が多くはない3人の女性も、華をそえるだけに終わらず、それぞれが見所のある役です。

 

スピード感のある展開や、スローモーションや俯瞰の位置からのカメラワークや、

そしてBGMもまたいいんですねー。

 

鶏の腿焼き やビニール袋に入ったイカスープ、こめかみに塗る緑油精(リュウヨウチン)。

80年代にはやった光るヨーヨーやウォークマン などなど

ちょっとした小物の使い方もなんてうまいんでしょう!

血しぶきが桜の花びらになってしまうところもおしゃれ。(これは好き嫌いがありそうですが)

 

このすばらしい映画を撮ったニウ・チェンザーさんは、台湾ドラマのプロデュースをされていたのですね。

俳優としてドラマで見かけたときは、冴えないおっさんだなー(ごめんなさい)という印象でしたが、

この映画では、個性的な俳優さんばかりの中で一番渋くてかっこいい役柄でした。

ちょっとジェットリーを髣髴とさせる色気がありましたよ。

 

イーサンルーアンて、最後の最後まで汗臭くなさそうなさわやか青年。

みんなと一緒にいてもとこか冷めたところがあるというか、

いつも一歩先を見ているような、つかみどころのない役を好演していました。

高校生役の俳優さんたち、みなさんちょっと無理があるなーというお年なんですが、

マーク・チャオは澄んだ瞳や、ちょっとしたしぐさがほんとに少年のようで

純粋で熱い蚊子(ウンヅ)役にぴったりでした。

「この子達に、ほかに生きる道はなかったのか」

とついつい母親目線になって見入ってしまった映画でした。

公式HPはこちら

 

む~っとした湿り気のある空気と、雑多なひとたちであふれかえる元気な夜市は今も健在ですが、

朝から清潔隊のベストを着たひとたちがきびきびと道路を清掃し、ポイ捨てには罰金が科せられ、

街がどんどん洗練されていって、台北もずいぶんと様変わりしました。

先月、映画の中にも出てきたモンガの隘門(あいもん)が取り壊されるというニュースがでていましたが、

その後どうなったのでしょう。

 

 

[かわいい]どうでもいいおまけ

イーサンルーアンが緑油精のCMをやってますよ。まじめなのに笑える~。

http://www.youtube.com/watch?v=2qOxuD6hyUE

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
映画やドラマのこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。