So-net無料ブログ作成

中国紅茶 [地元の話題]

024.JPG

 

 

切り紙作家のchestnutさんのご縁で

先月 中国茶のお茶会に参加する機会を得ました。

 

中国のめずらしい紅茶が手に入ったからと

五種のお茶を用意してくださっていましたが

まず杭州錢塘江の「九曲紅梅」というのをいただきました。

香りは草むらのようなあっさりとしたものですが

飲んでみるとなんともいえない深い甘さがあり、

ダージリンの紅茶とも違う味わいです。

 

これだけでもびっくりだったのですが

二種目の雲南省「滇紅金芽」

もう言葉を失いました。

深い森のような香りと

今まで体験したことのない豊かさに

思わずわーっと叫んでしまいました。

たかが紅茶でこんなに興奮するなんてー

と思われそうですが

とにかくもの凄い衝撃でした。

 

015.JPG

金芽は  たぶんゴールデンチップスのことですよね。 

 


 

 

ご亭主の生業は「折々」という家具のお店の店長さんですが

カフェやお菓子のお店、和食や高級フランス料理のお店など

様々な場所で働きながら

日本のお茶や茶道をはじめとして、紅茶や中国茶

さまざまなお茶を勉強されたかたです。

腰を痛めて何も収入が無かった時期があっても

それも貴重な糧となり

今家具を扱うお仕事についていらっしゃるのも含めて

すべてがお茶修行につながっているようなのです。

 

こう書くとなんだか近寄り難い達人のような感じですが

ご本人は穏やかで気さくでちびちゃんたちの優しいパパなのです。

全くの初対面でしたが

ご亭主も奥様もほんとに素敵なかたで

お茶を通じてお話が広がり

あっという間に楽しい2時間が過ぎてしまいました。

奥深くしかもリラックスできたひとときでした*\(^o^)/*

「折々」さん ありがとうございました。

 

026.JPG
お茶請けの黒豆大好物です(^ ^)










nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。